4月18日快晴の日曜日、今年の豊作を願いつつ種まきを行なった。
 今年は昨年より3反歩(30a)増え、約2町歩(2ha)の田んぼに植え付ける予定だ。
 働く面子は例年通りの為、かなり平均年齢が上がって(おそらく60越え…)いるが、種まき機械の調子が良く快調に進む。 
 IMG_1987IMG_1991 2
IMG_1990

 朝8時半から始め、11半時頃には終了。苗箱の総数は450枚。老体には十分な枚数だ。
 水撒き後しっかり被覆をし、朝晩の寒暖差に備えハウスを保護する。
 これから1週間霜が降ったりせず、安定した天候であることを願う。
 
 1週間後、ハウスを忍び込みちらっと被覆を上げ、苗の状態を確認。いくつかの育苗箱で、1センチ足らずの苗が芽を出していた。土が盛り上がり苗が顔を覗かせる寸前のものも多い。
 この時期は、ハウス内の温度管理に始終気を使いハラハラし通しだが、今年も危険な時期を乗り越えてくれそうな気がする。

 4月27日土曜日
 前日午後から雲行きが怪しくなり、みぞれが降りだす。
 翌朝目覚めると、外は1〜2センチの積雪状態。気温は0度。7分咲き程度を迎えていた桜も凍えている。せっかく順調に生育していた稲がどうなってしまうのか、急いでハウスへ駆け込む。
 苗は突然の寒波に耐え、しっかりと根を張っていた。明日にはまた陽気が戻ると言っていたので、恐らく大丈夫だろう。ホッとした。
IMG_2059
 
 4月30日月曜日
 苗は順調に生育中。この見事な色具合。病気がちな苗も中にはあるけれど、2週間後にはおおかた生え揃い、元気な姿を見せてくれると思う。プール育苗という栽培法を取り入れているので、昨日から水張りを行なっている。日中の温度管理さえ間違わなければ、順調に育ってくれるだろう。
 これが今日の苗たち。無数の子供達の姿のようだ。
IMG_2124




ブログ始めました。
日々良し悪しごとをつらつら書き連ねます。

IMG_2002

↑このページのトップヘ